読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

画竜点睛を欠く

タイトルの如く不完全燃焼なアラフォーブログ 本と音楽と映画が主軸

ブログの為に導入したツール

ブログ ブログ-ツール

広告

利便性や視認性を目的として、各種色々なツールを使うようになりました。簡単に利用できるものばかりですので、どのようなメリットがあるか解説します。 

Skitch

ダウンロードしてみましょう!

最近私のブログではよく画像キャプチャを貼っていると思いますが、その画像に矢印や注釈を付けています。

一番始めの<はてなブログ カスタマイズ その1>のみWindowsのペイントというソフトを利用しましたが、それ以降はこのSkitchに変更しました。比べて頂ければ分かると思いますが、非常にデザインが良く、操作はシンプルで直感的に出来るのでとても便利です。

evernote.com

このような機能が利用できます

Skitchを実際に使ってみます。立ち上げた画面での説明です。

f:id:RyuNoSuKe:20150615102603p:plain

沢山のことが出来るわけではありませんが、ブログ用の説明書き程度でしたら十分に事足りると思います。とにかくマウスでカチャカチャやるだけで、思ったとおりに動いてくれるというシンプル設計と見栄えのよさが決めてとなりました。

まだ画像ペイントソフトがないから使ってみたいという方はさっそく利用されてみて下さい。オススメです。

Evernoteの付随アプリのような存在なのでEvernoteと連携出来て作成した画像をEvernoteに保存できますが、容量制限がありますので、私は使用していません。Dドライブに保存しています。

unsun.hatenablog.com

 

もうちょっと高機能で他のブログと差別化したいと思う方はこちら。

nelog.jp

Screenpresso: The Ultimate Screen Capture Tool for Windows 

サクラエディタ

オープンソースでWindowsのみ利用可能ですが、テキストエディタになります。インストーラーパッケージダウンロードをクリックしてUnicode版をダウンロードしました。

sakura-editor.sourceforge.net

複数のファイルから探し出したい文字列を検索できる機能であるGrepやマクロ機能、その他 充実したカスタマイズが可能です。ただ、PHPが定義されていないみたいです。まあ必要になったときに考えます。

このサイトがこと細かく設定について解説してくれているので使ってみたい方は参照されてみて下さい。僕はまだ何も設定できてない!はよせないかんです。

blog.codecamp.jp

その他 Windows用ですが、高機能のエディタを比較しているサイトです。今使っているエディタが物足りなくなったら乗り換えを検討されてもいいかもしれません。

www.near-mint.com 

Page Ruler

Webページの画像、コンテンツやカラムなど幅を計ることが出来るChromの拡張機能です。コーディング中に意外と必要に迫られましたので追加しました。

chrome.google.com

こんな感じになります。

f:id:RyuNoSuKe:20150615155019p:plain

ある幅に併せてコーディングする場合や分割指定をしたい場合大元の幅が知りたいときに便利です。 

Twitter

最後にツイッターなんですが、「今更こんなん載せんな w」とお思いでしょうが、せっかく時間を掛けて書いているブログなので沢山の人に読んでもらってお褒めの言葉があるとモチベーションも上がるし、承認欲求も満たされるわけじゃないですか。

ですのでTwitterのアカウントがあるのが前提ですが、紹介したいのは「この人はどんなツイートしているのかな」とツイート部分を覗いたときにツイートを一番上に固定する方法です。ブログやサイトの告知などに利用出来ます。

ただし対応しているのはPC表示のみになります。スマホでは表示されません。

設定は簡単です。このようにブログ名とURLを載せて一度ツイートします。

f:id:RyuNoSuKe:20150615163813p:plain

それからそのツイートのその他をクリックして該当箇所をクリックして下さい。

今は固定しているので当方の表示は解除になっています。

f:id:RyuNoSuKe:20150615164440p:plain

なので解除したいときは同じくクリックすれば、固定が外れます。

 

まとめ

ツールは使い慣れていくと愛着が湧きますが、年々性能が向上して次々に新しいツールが出てきて乗換えを迫られる時期がきます。新たに操作を覚える時間が大変だったりするので、始めから自分の性能欲求を満たしているツールを選んでおくことが大事です。

ただ難しいんですよね。自分に必要な機能を予測しておくのは。気付いたらいつも「これ必要だった・・・orz」となってしまっているりゅうのすけです。