読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

画竜点睛を欠く

タイトルの如く不完全燃焼なアラフォーブログ 本と音楽と映画が主軸

見てみたいかなと思った映画と見逃した映画

映画 映画-洋画 映画-邦画

広告

大きなショッピングモールなどに買い物に出かけた際は出来るだけチェックしていた映画を見るようにはしているのですが、ここ最近パソコンの前から離れられない生活が続いていますので、備忘録代わりに見ようと思った映画を書き留めておきたいと思います。

読みにきてくれている皆さんと共有もできますし。 

予告をみるからに鉄板な感じの映画

洋画

アベンジャーズはまだやるのね。前回の1は観ました。話に無理やり感があるのでどうもよく分からなかったけど、まあ機会があったら足を運んでもいいかな。

ターミネーターはとうとうやっちゃいましたね。なんでしょうこの振り出しに戻るみたいな設定は。3ぐらいから時間軸が捻じ曲がってきたのは感じていましたが、やっぱり同じ監督でないと統一感はなくなりますね。連続ドラマのサラ・コナーズ クロニクルも悪くはなかったのですが、何かこういったスピンオフ作がずっと続いていくんでしょうね。生きてる間に最後のスカイネットとの対決が観れる気がしないw

マッド・マックスはやっと公開されるんですね。むかーしネットで1~3までずっと監督として作品を作り続けてきたジョージ・ミラーがとうとう4作目を手がけるというニュースを見たのは覚えていたんですが・・・やっとといった感じですね。予定だと当初2005年公開にだったので10年待ったのかー。僕にとっては期待できる仕上がりみたいです。

ピクセルはただ単に我々世代では懐かしいキャラが出てくるので1度は見ておきたいです。子供の頃初めて買ってもらったゲーム機は任天堂初代ファミリーコンピューターにドンキーコング(カセット1本目の作品)でしたから。

テッド2ですが、テッド1が面白かったので期待しています。お互い落ちぶれた中年とテディベアの掛け合いはくだらないけど笑えます。普段コメディやホラーはめったに観ないのですが、これはその「めったに」の部類に入る1作です。ただR-15指定で内容が過激な為に大人の為のコメディといった感じでしょうか。

邦画

三池監督の作品は「殺し屋1」以来よく観るようになりました。今度テラ・フォーマーズも撮るんですね。期待したいです。

進撃の巨人はマンガを読んだことありません。ですので先入観無しに映像から入ってもいいかなと思っています。

バケモノの子の細田監督は宮崎駿さんから「才能を潰したくないから、ジブリに入れなかった」というエピソードがあるほどの逸材。今作も非常に期待しています。サマーウォーズあたりから観ていますが、これから日本を代表するアニメーション作品を作っていってくれる気がします。

 

気にしていたのに見事に見逃した映画

これ全部気にかけてたんですけど見逃しました。レンタル待つしかないですね。けど全部持っててもいいかもという作品なので素直にアマでポチるかもしれません。

セッションは、はてなでもちょっと話題になっていましたね。映画評論家 VS ジャズミュージシャンが論争を繰り広げていました。

bunka.hatenablog.com

 

マイナーなので忘れそうな映画

洋画

どちらもロードムービーですが、砂漠をラクダで横断する女と片や未開の地でいなくなった娘を当て所なく探す男。優先順位からすると上のキャメルレディの方が観てみたいですね。

邦画

最後の邦画はどちらもミュージックドキュメンタリーです。ミャンマーでは見たこともないような楽器の音色が聴けます。王女の恋心を歌った200年前のラブソングとやらも興味を引きます。さすが東南アジア最後のフロンティア。今まで軍事政権が支配していた国の一部が垣間見れます。

あっちゃんですが、子供の頃聴いていたパンクバンドはまだ活動し続けていて、ボーカルのあっちゃんは実は二足の草鞋だったなんて・・・ずっと破天荒なピエロだと思っていた人が地味に駄菓子屋さんの経営をやっていたという事実に結構驚きました。

 

まとめ

観れるときに観ておかないと完全に忘れてしまいますね。特にマイナーな映画だとレンタル屋さんにも並ばず、永遠に自分の中からは忘れ去られていきます。今までそんな映画が幾つあったことか・・・思い出したくてもタイトルが出てきません。そして関連ワードで出てこないときはもうお手上げです。

正直始めの方で紹介している「鉄板な感じの映画」は何時でも観ようと思えば観る事のできる映画です。大事なのはあまり人気がないけれども自分にとって必要な映画をどうストックしておくか。記憶?解説本?パソコンでブックマーク?

この3つをストック方法としていますが、それでもすり抜けていく映画の数はたくさんたくさんあり、レア化して、トンデモな値段に跳ね上がっていると「ちくしょー手が出ないー」と後悔ばかりしています。

うん?周りの人に比べて僕が欲張りなだけなような気もしてきました。

観ずに死ねるか!傑作絶望シネマ88

観ずに死ねるか!傑作絶望シネマ88

  • 作者: 園子温,宇多丸,二階堂ふみ,水道橋博士,みうらじゅん,染谷将太,西村賢太,大槻ケンヂ,オダギリジョー,能町みね子,高橋ヨシキ,柳美里,他
  • 出版社/メーカー: 鉄人社
  • 発売日: 2015/06/14
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る