読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

画竜点睛を欠く

タイトルの如く不完全燃焼なアラフォーブログ 本と音楽と映画が主軸

ネットメディア考 新興メディア編 その1

レビュー レビュー-Webサイト

広告

呼称は?

バイラルメディアやキュレーションサイトなどの呼び名を嫌うサイト様もいるのでここでは、新興ネットメディアとでもしておきます。そもそもこの呼び名の意味合いですが、

バイラル

Viral「ウイルス性」のという語源から。話題性の高いコンテンツを

SNSで一気に広める手法を取っているサイトのこと

キュレーション

元々が学芸員や司書などを表すCuratorからきている。この場合

情報を取捨選択し、独自判断の元、整理を行っているサイトのこと

とされています。今回はこの両手法もしくは片方で運営をされていると感じたサイトのレビューと考察という記事になります。言葉は悪いのですが、雨後のタケノコのように湧いて出てきた感があり、もう数限りないほどある為、セクションをその1、その2と分けて書いてみます。これは2015年6月時点の調べであることをご了承下さい。

 

画像動画系

画像や動画を大きく表示して、視認しやすく、解説や説明の文字が少ないのが特徴です。ほぼyoutubeがメインのコンテンツとして成り立っています。サイトへの流入はSNSによるところが大きいです。特にFacebookとTwitterによる拡散で爆発的に広がりをみせる場合があります。

収益はクリック報酬型広告(アドセンスなど)に依存している傾向にあります。

モバイルを抜きにしたPCからのアクセスのみとなりますが、各サイトの現状の流入の多い順に比べてみたいと思います。

9ポスト

月間240万アクセス

9post.jp

f:id:RyuNoSuKe:20150605211515j:plain

grape

月間120万アクセス

grapee.jp

f:id:RyuNoSuKe:20150606082400j:plain

CuRAZY

月間100万アクセス

curazy.com

f:id:RyuNoSuKe:20150605213022j:plain

FunDo

月間69万アクセス

fundo.jp

f:id:RyuNoSuKe:20150605232116j:plain

COROBUZZ

月間48万アクセス

corobuzz.com

f:id:RyuNoSuKe:20150606012330j:plain

Whats

月間45万アクセス

whats.be

f:id:RyuNoSuKe:20150606013208j:plain

BUZZmag

月間43万アクセス

BUZZmag | こころおどる話題

f:id:RyuNoSuKe:20150606080421j:plain

temita

月間42万アクセス

temita.jp

f:id:RyuNoSuKe:20150606081520j:plain

feely 

月間41万アクセス

feely.jp

f:id:RyuNoSuKe:20150606082911j:plain

アットトリップ

月間33万アクセス

attrip.jp

f:id:RyuNoSuKe:20150606083653j:plain

考察

まだまだあるのですが、とりあえず10サイトをアクセス数順に載せてみました。

これはスマホなどのモバイルからのアクセスは計上していませんので、これよりももっと多いと考えられます。今はモバイルアクセスの方がダントツで高いので数倍は間違いなくあるのではないでしょうか。なのでモバイル分も計上すれば、この順位自体大きくかわりそうです。これは全体像ではなく、あくまで一部の計測です。

左のグラフを見てもらってもわかるとおり、流入の月の変動幅はかなり高いです。滞在時間は長いところで3分程度、ページセッションは2ページ程度、直帰率はまばらです。

直帰率もっと悪いものだと思ってました。ページも「もう1ページみてみようか。」と徘徊してもらっているみたいですし。流入経路を見ていた感じですが、圧倒的にFacebook(80%~90%)からが多く、検索流入は非常に少なかったです。なので言ってみれば、Facebookにより成り立っているメディアですね。そりゃ画像だけ動画だけとなると検索エンジンに引っ掛かることは中々ないでしょうから。

f:id:RyuNoSuKe:20150623074818p:plain

f:id:RyuNoSuKe:20150623074822p:plain

 

ライフハック系

ここから画像と文章形式のサイトへと変わります。ライフハック系というは生活の中でより効率化できたり、より良い知恵、知識やオススメなど全般に掲載しているサイトです。

生活中心の話題が多い為、女性からのアクセスが多い傾向にあると思われます。もちろんビジネスやガジェットもあるので男性アクセスが少ないわけではありません。

収益はやはりクリック報酬型広告になりますが、一部物販リンクを採用していようです。

nanapi

月間250万アクセス

nanapi.jp

f:id:RyuNoSuKe:20150606105300j:plain

Ranking Share

月間57万アクセス

www.rankingshare.jp

f:id:RyuNoSuKe:20150606105800j:plain

KAUMO

月間46万アクセス

kaumo.jp

f:id:RyuNoSuKe:20150606162416j:plain

考察

アクセス数ではナナピが頭一つ抜けていますね。3つのサイトともアクセス数が大きく増減したりせず、落ち着いているようです。カウモに関しては2つのサイトより滞在時間が長めです。商品オススメサイトのような作りなので、ユーザーがしっかりと吟味している感じが伺えます。

画像動画系と流入経路について比べるとこちらは検索流入が70%~80%だということです。SNSからの流入はほんの数%でした。従来通りSEOを意識したサイト作りをされています。3サイト共に登録後、記事の投稿が可能になってます。この3サイトについてはとくに報酬があるわけではないようです。サイト運営者だけではなく、読者の方の投稿でページを増やす手法ですね。

f:id:RyuNoSuKe:20150623075337p:plain

 

旅・グルメ系

「ここに旅したときは、これが旨い」や「おいしい場所はここ」みたいに共通項が多くありましたので、同ジャンルとして括ってみました。まだちょっとサイトが育っていないのか流入の少ないサイトが多く散見されましたので、10万以下については掲載するのをやめておきました。

収益はこちらもクリック報酬型広告です。

見ているとおなかが空いてきますが、いってみましょう。

食べログまとめ

月間1620万アクセス

tabelog.com

f:id:RyuNoSuKe:20150606180529j:plain

RETRIP

月間99万アクセス

retrip.jp

f:id:RyuNoSuKe:20150606181616j:plain

Find Travel

月間87万アクセス

find-travel.jp

f:id:RyuNoSuKe:20150606180958j:plain

macaroni

月間50万アクセス

macaro-ni.jp

f:id:RyuNoSuKe:20150606182056j:plain

PLACEHUB

月間25万アクセス

PLACEHUB

f:id:RyuNoSuKe:20150606182403j:plain

考察

「旅、グルメ」この2つに興味のない人は、サイトに訪れないことから頭一つ抜けているサイトとそうでないサイトの格差は非常に大きいようです。食べログまとめは驚異の1620万ですが、これは食べログの中のいちコンテンツであり、親ページが計測されていますので、この数字です。

サイトへの流入経路はサイトごとによってまちまちでした。食べログへは検索流入が約70%ほどでダントツ。リトリップはSNS33%、検索30%、リファラル(別サイトからのリンク)17%とバランスが取れており、ファインドトラベルは食べログと同じく検索型、マカロニはリトリップと同じくバランス型、プレイスハブは検索型という結果でした。

f:id:RyuNoSuKe:20150623080448p:plainプレイスハブ以外はすべて会員登録後、記事投稿が可能で、食べログのみお題があり、そのお題に沿った投稿をすれば、抽選でAmazonギフト券がプレゼントされる応募を行っています。 

モンモン系

今回の最後は見出しに遊び心も加えて、影響力のあるさるお方のサイトにしました。アダルトな内容ではありません。アドセンスを導入しているのでそんなバカな真似はしませんよ。この方が画面にいっぱいに現れますので、アンチな方はお控え下さい。

HORIEMON.COM

月間48万アクセス

horiemon.com

f:id:RyuNoSuKe:20150606215546j:plain

考察

サイトの説明がワーカホリックの人の言葉です。ニュースキュレーションというチャンネルがサイトの一部にあります。たぶんいろんなニュースメディアと契約しているんでしょうね。短文があるだけで、深くニュースを読みたければ、リンクをたどって、本来掲載されているサイトへ進むような仕組みになっています。その際きっちりアドセンスをリンクの上に配置しています。

サイトへの流入にも特徴がありまして、以下を見てもらうとわかるようにダイレクトな流入が29%を占めています。これはシンボリック(有名人)なサイトがこういう傾向が多く、個人のお気に入り(ブックマーク)から直接の流入を示しています。

f:id:RyuNoSuKe:20150606223910j:plain

それから以外だったのがソーシャルからの流入ですが、流入全体の41%の中で、ほぼと言っていいほどの約90%を占められているのはTwiteerからの流入でした。こちらはTwitterからのフォロワーの影響が大きいことを示しています。もうちょっとFacebookなんかと拮抗するかと思っていましたが意外でした。

f:id:RyuNoSuKe:20150606225352j:plain

 

続きます

いかがでしたでしょうか? 一旦ここで区切りますが、記事は次回のその2へ続きます。