読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

画竜点睛を欠く

タイトルの如く不完全燃焼なアラフォーブログ 本と音楽と映画が主軸

ネットメディア考 新興メディア編 その2

レビュー レビュー-Webサイト

広告

その1から引き続きですが、新興メディアの考察になります。「なんのこっちゃ分からない」「初訪問」という方はネットメディア考 オールドメディア編から読んで頂けると幸いです。 

オールジャンル系

ニュースからビジネス、エンタメ、画像、動画まで、あらゆる事柄を総合的に集約しているサイトです。百貨店のように豊富なコンテンツが揃っています。

収益はやはりクリック報酬型広告に依存している傾向です。一部 成功報酬型広告を導入しているところも見受けられます。サイトへの流入はダイレクト型、ソーシャル型、バランス型などタイプ的には色々になります。

前回から引き続きモバイルを抜きとした計測になり、2015年6月時点でのデータですので、その点ご理解頂きます様お願い致します。

Spotlight

月間250万アクセス

spotlight-media.jp

f:id:RyuNoSuKe:20150621191211p:plain

TABI LABO

月間170万アクセス

tabi-labo.com

f:id:RyuNoSuKe:20150621191246p:plain

Irorio

月間97万アクセス

irorio.jp

f:id:RyuNoSuKe:20150621191311p:plain

netgeek

月間91万アクセス

netgeek.biz

f:id:RyuNoSuKe:20150621191331p:plain

Antenna

月間38万アクセス

antenna.jp

f:id:RyuNoSuKe:20150621191403p:plain

考察

総合的な内容のコンテンツを提供している割りにはページ/セッション数が平均的に感じます。強みは多岐に渡る記事を読者に提供出来る点だと思っていましたが、今まで見てきたサイト並みなので、読者の方はやはり興味のあるピンポイント記事を欲している傾向が伺えます。

流入経路はソーシャル系がパーセンテージ的に高く中でもFacebookからの流入が比較的高い結果でした。しかしアンテナのみはダイレクト(ブラウザブックマークから直接流入)が43%と意外な結果で、次に検索流入が30%でした。SNSには依存しない作りを目指しているのかもしれません。

f:id:RyuNoSuKe:20150621195459p:plain

 

テクノロジー系

Web系からアプリ、SNS、ガジェット、デザインなど最先端のテクノロジーを一般読者からクリエーターまで多くの目線で提供しているサイトです。たぶん はてな市民の訪問割合が一番高いのではないかと思われます。

昨今 テクノロジーは目まぐるしく進歩を遂げているので、チェックはかかせないのですが、あれもこれもと振り回されないようにはしたいところです。

Ferret

月間180万アクセス

ferret-plus.com

f:id:RyuNoSuKe:20150622184451p:plain

creive

月間53万アクセス

creive.me

f:id:RyuNoSuKe:20150622184503p:plain

freshtrax

月間36万アクセス

blog.btrax.com

f:id:RyuNoSuKe:20150622184531p:plain

考察

一番アクセスを集めているフェレットと他の2サイトを比べると滞在時間、ページ/セッション、直帰率が良くはないです。その差は何?と考えてみるとフェレットは会員登録することにより限定機能を利用出来るシステムのようで、さらに現在 登録キャンペーンで抽選により、SEOの本をプレゼントするサービスを行っています。その他 ダウンロードコンテンツや「Webマーケティングを基礎から学ぼう」など充実した教材を提供している強みがアクセスに反映されていると思われます。

 

女子系

うぅ・・・女子系となるとオッサンはまず訪問しないのでなんともコメントし辛いのですが、とにかくイッパイあります。一極集中せずサイト群として展開しているところもあり、一般からの投稿を募集、または専属のライターさんを募集しているサイトが殆どです。

収益はクリック報酬型広告がほとんどですが、一部 成功報酬型広告(女性向けや物販系)があります。

MERY

月間180万アクセス

mery.jp

f:id:RyuNoSuKe:20150623001054p:plain

M3Q

月間78万アクセス

m3q.jp

f:id:RyuNoSuKe:20150623001111p:plain

by.S

月間73万アクセス

by-s.me

f:id:RyuNoSuKe:20150623001124p:plain

キナリノ

月間64万アクセス

kinarino.jp

f:id:RyuNoSuKe:20150623001138p:plain

Locari

月間56万アクセス

locari.jp

f:id:RyuNoSuKe:20150623001155p:plain

女子SPA

月間52万アクセス

joshi-spa.jp

f:id:RyuNoSuKe:20150623001208p:plain

Menjoy!

月間38万アクセス

その他同系サイトを4つ運営(美レンジャー WooRis BizLady VenusTap)

www.men-joy.jp

f:id:RyuNoSuKe:20150623001229p:plain

4meee!

月間25万アクセス

4meee.com

考察

人口の半分は女性と考えると多くはその半分がマーケティングの対象となります。(中にはフェミニンな男性のサイト訪問もあるのでしょうけど)これはこれで強みといってもいいかと思います。ただどうしても訴求対象が女性の為、サイトデザインが似通った印象を受けます。まあスタイリッシュですよね。

流入経路は、ほぼどのサイトも検索型(アクセス数上位ほど突出)ですが、唯一by.sのみSNS依存型でした。中でもFacebookが87%で圧倒的です。2番目のAmebaも少し気になりました。

f:id:RyuNoSuKe:20150623115949p:plain

f:id:RyuNoSuKe:20150623115958p:plain

 

エンタメ系

映画や音楽といったいわゆる芸能記事を主に載せているサイトです。他にもアイドルやオタクなどの情報記事を載せているサイトがあるのですが、アダルトに付随する項目も多数見受けられましたので、載せておりません。その点はお察し下さい。対象ページだけアドセンス表示させない対策を採られているサイトが多かったです。

毒女ニュース

月間87万アクセス

www.officiallyjd.com

f:id:RyuNoSuKe:20150623153240p:plain

ICON

月間14万アクセス

icon.jp

f:id:RyuNoSuKe:20150623144018p:plain

TAP the POP

月間10万アクセス

www.tapthepop.net

f:id:RyuNoSuKe:20150623144032p:plain

Heaven

月間9万5千アクセス

www.hvn4u.com

f:id:RyuNoSuKe:20150623144041p:plain

ABC振興会

月間7万5千アクセス

abcdane.net

f:id:RyuNoSuKe:20150623144051p:plain

考察

日本のエンタメ記事を載せているサイトが極めてアクセス数が高く、全体的な成績(滞在時間など)も良いです。セレブ、ハリウッドなどのサイトはそれほどでもないんですね。ということでアクセスを集めるなら国内ゴシップ記事が強い!

私はやりませんよ。国内のエンタメ事情はちっとも分かりませんし。

流入経路に関してですが、毒女ニュースは検索型、TAP the POPはバランス型、その他はダイレクト型といった感じでした。ニッチなサイトは一度固定のファンになってさえ貰えれば、継続して訪問してもらえるということが分かるいい見本だと思います。

f:id:RyuNoSuKe:20150623164040p:plain

f:id:RyuNoSuKe:20150623164053p:plain

f:id:RyuNoSuKe:20150623164106p:plain

 

特化系

ある事柄のみを集約しているサイトを特化系としてみました。今回は医療、文化、英語といった3ジャンルになりますが、他にもかなり専門分野的なサイト作りをされているのを見かけるようになりました。この次のまとめ編でも触れようと思っていますが、実はこの特化型こそ競合が少ない分 生き残れる可能性が高いと示唆している意見が目立つようになりました。

Medエッジ

月間24万アクセス

www.mededge.jp

f:id:RyuNoSuKe:20150623172124p:plain

Japaaan

月間16万アクセス

mag.japaaan.com

f:id:RyuNoSuKe:20150623172137p:plain

English Hacker

月間8万5千アクセス

english-hacker.jp

f:id:RyuNoSuKe:20150623172146p:plain

考察

まだアクセス数自体は他のサイトに比べると少ないですが、アクセス数が右肩上がりなのが伺えます。(English Hackerは緩やかに下がってますが・・・)特にMedエッジの伸びはスゴイです。2014年12月時点で4万だったのが、現在24万なのでこの半年間ほどで6倍のアクセスを稼いでいることになります。

流入経路は三者三様 Medエッジはバランス型、JapaaanはSNS型、English Hackerは検索型andダイレクト型といった感じでした。本当に大方の予想どおり永続的なサイト運営が続くかどうか期待したいです。

f:id:RyuNoSuKe:20150623190441p:plain

f:id:RyuNoSuKe:20150623190456p:plain

f:id:RyuNoSuKe:20150623190606p:plain

 

続きます

「はぁぁぁ~」というほど疲れましたが、ここまで何とか取り上げたいサイトのレビュー、考察が終わりました。次回が本題のまとめとなります。自分が疑問視している点、危惧している点、これからの予測や建前と本音などを書いてみます。