読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

画竜点睛を欠く

タイトルの如く不完全燃焼なアラフォーブログ 本と音楽と映画が主軸

ウォーレン・バフェットとの昼食に2億9430万円

ニュース ニュース-ウォーレン・バフェット

広告

「バフェット氏と昼食」に約2.94億円、中国企業が落札 | Reuters

DATE: 06/08/2015 11:28

 

2015年 バフェットとの昼食は

アメリカの長者番付常連である投資家ウォーレン・バフェット氏との昼食を共にする権利のオークションが234万5678ドル(約2億9430万円)で落札された。落札したのは中国のオンラインゲーム会社 大連天神娯楽だった。オークションの収益金はグライド基金に寄付される。

先月 AppleのCEOティム・クック氏にも同様の権利のオークションが行われ、こちらは30万ドル(3600万)だった。

かなりの開きがある額だが、どちらも普通の感覚では支払えない。どのような話をするのか気にはなる。バフェットの方は多少明らかになっている。

 1、純粋に投資の話をする
 2、ステマに利用する

 1、だがテッド・ウェシュラー氏は2度昼食の権利を落札し、バフェットに認められバフェット率いるバークシャー・ハサウェイのポートフォリオマネージャーに就任。バフェットの後継者とも目されている。

 2、は趙丹陽氏がバフェットと昼食をする前にある株を買ったとマスコミに吹聴。株価は上昇し、1000万ドル以上の利益になった。

そうこれは支払う側にとってはチャリティーではなく明確な投資なのだ。今回もこの中国のオンラインゲーム会社は何かしらのリターンを模索しているはずだ。この額に見合うリターンであればよいが。

もし自分が会うならどんな話をするだろう。やっぱり相場の話をするかな・・・

 

<7/22 追記>

例年の昼食まとめ

2000年 $25,000 匿名
2001年 $18,000 匿名
2002年 $25,000 匿名
2003年 $250,100 David Einhorn, Greenlight Capital
2004年 $202,100 Jason Choo
2005年 $351,100 匿名
2006年 $620,100 Yongping Duan
2007年 $650,100 Mohnish Pabrai, Guy Spier, Harina Kapoor
2008年 $2,110,100 Zhao Danyang
2009年 $1,680,300 Salida Capital
2010年 $2,626,311 Ted Weschler
2011年 $2,626,411 Ted Weschler
2012年 $3,456,789 匿名
2013年 $1,000,000 匿名
2014年 $2,166,777 Andy Chua

 

上記でも書いた趙丹陽氏は2008年、テッド・ウェシュラー氏は2010年と2011年の2回落札している。見て取れるように2003年と2008年が落札する桁が一つずつ繰り上がっている。バフェットも今年で85歳。ハンバーガーとチェリーコークが好きな投資の神様と世界最高額の昼食を一緒に取れる年は残り少なくなってきている。

1分間バフェット

1分間バフェット