読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

画竜点睛を欠く

タイトルの如く不完全燃焼なアラフォーブログ 本と音楽と映画が主軸

類似サイトを検索する方法

Google Google-類似検索

広告

 

ryunosuke.hatenablog.com

以前この記事を書く際に類似検索を利用してサイトを探して廻りました。自分が訪問しているサイト中心に関連性や似たようなサイトを探したのですが、いくつか方法がありますのでそのことについて書いてみたいと思います。

 

グーグルでの方法は2種類

まずは単純にグーグルの検索窓を使用する方法です。

related:

という文字を入力して下さい。その後にサイトのURLをコピペします。

ギガジンを例にしてみると具体的にはこのような感じになります。

related:http://gigazine.net/

これで検索を掛けると類似サイトが表示されます。英語でrelatedは関係のある、関連したという語句です。

f:id:RyuNoSuKe:20150910100030j:plain

かなりギガジンに近いサイトが表示されています。

 

2つめはクロームの拡張機能です。Google Similar Pagesを追加します。ただし上記の検索窓で調べる方法と同じ結果が表示されますのでクロームを使用されている方でサクッと調べてみたいという方向けです。

chrome.google.com

f:id:RyuNoSuKe:20150910101827j:plain

 

類似検索サイトを利用する

どちらもアメリカのサイトですが、日本語に対応しているので使いやすいかとは思います。

類似サイト検索-SimilarSiteSearch.com

一つ目はSimilarSiteSearchというサイトです。特徴としてURLだけでなく、キーワードでも検索が可能です。ブログで検索してみると以下のように表示されました。

f:id:RyuNoSuKe:20150911095018j:plain

無料ブログとまとめブログが混在して表示されている感じです。

 

もう一つはSimilarSitesです。

www.similarsites.com

こちらはキーワード検索は出来ません。yahoo.co.jpと入力したところ以下のように表示されました。

f:id:RyuNoSuKe:20150911101247j:plain

意外とツボを押さえたポータルサイトが表示されました。

 

まとめ

調べる方法によって表示される結果も多少異なってきますので、詳しく類似サイトを調べたい場合は異なる方法を利用してみると自分が必要としているサイトが現れてくれるかもしれません。

また、表示されたサイトをさらに検索することによって多くのサイトを発見出来ます。あまりに知名度のないサイトですと検索精度が発揮されない場合もありますので、出来るだけ流入の多いサイトを中心に調べるのがオススメです。