読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

画竜点睛を欠く

タイトルの如く不完全燃焼なアラフォーブログ 本と音楽と映画が主軸

ヒップホップの歴史的な名曲をオーケストラが演奏

音楽 音楽-ヒップホップ

広告

ヒップホップのクラシックから最新の名曲とも言える曲をオーケストラアレンジで演奏している動画です。JIMEKという方が指揮を行いポーランド国立放送交響楽団のコンサートホールでの模様です。

動画の左下にミュージシャンと曲名と年代が表示されます。31曲ありますが、メドレー形式で数珠繋ぎにサクサクいきますので1曲がそれぼど長くありません。自分の知っている曲も注意して聴いてないと分からなくなったりしました。

下にミュージシャンの解説や原曲を載せておきますので気に入った良いフレーズがあったら参考に聴き比べてみて下さい。

www.youtube.com

1. Kendrick Lamar - Swimming Pools(2012)

GOOD KID, M.A.A.D CITY (WITH REMIXES)

ケンドリック・ラマーはカルフォルニア州出身。現在西海岸を代表するラッパー。ウエストコーストヒップポップの代表格スヌープやドクタードレからも一目置かれる存在でこのSwimming Poolsが初のヒット作です。最近はテイラー・スウィフトのバッド・ブラッドという曲で客演しています。

Kendrick Lamar - Swimming Pools (Drank) - YouTube

Taylor Swift - Bad Blood ft. Kendrick Lamar - YouTube

 

2. M.I.A. - Bad Girls(2013)

マタンギ

エム・アイ・エー(Missing In Action 戦闘中行方不明)という芸名。父親が反政府組織で活動するメンバーであったことに起因しています。イギリス出身ではあるがスリランカ人でヒップホップの世界では数少ない東洋系の女性です。ファーストアルバムのアルラーは今までにないスタイルであった為、かなりセンセーショナルな話題となりました。

M.I.A. - "Bad Girls" (Official Video) - YouTube

 

3. Wiz Khalifa - Black and Yellow(2011)

Rolling Papers

ペンシルベニア州ピッツバーグを拠点に活動するウィズ・カリファ。このBlack and Yellowはビルボード1位を獲得した出世作です。スキンヘッドで有名な米国のモデルであるアンバー・ローズと結婚し、子供を設けるも2014年離婚しています。

Wiz Khalifa - Black And Yellow [Official Music Video] - YouTube

 

4. 2Pac - Dear Mama(1995)

ミー・アゲインスト・ザ・ワールド

トゥパックはニューヨーク出身ですが、西海岸ギャングラッパーの代表格。ヒップホップ界の東西抗争の矢面に立ち、1996年9月ボクシングの試合の観戦後、横付けしてきた車からの銃撃を受け死亡。享年25歳でした。エミネムがもっとも影響を受けたラッパーにして、その大半の版権を掌中にしており、未発表音源を発表する時にはエミネム自信がプロデュースを行っています。

2Pac - Dear Mama - YouTube

 

以前過去記事でヒップホップのネタ元を調べられるサイトを紹介した際この曲を例にして書いてみました。気になる方はご覧になってみて下さい。

ryunosuke.hatenablog.com

 

5. Cam’Ron - Hey Ma(2002)

Come Home With Me

キャムロンはニューヨーク出身でデプロマッツというヒップホップユニットのリーダーでもあります。このHey MAはジェイZのレーベルに移籍後発表した曲でヒットしていました。最近話題を聞かなくなったのですが、コンスタントに作品は発表しているようです。

Cam'Ron - Hey Ma ft. Juelz Santana - YouTube

 

6. Barry White - Basketball Jones /feat. Chris Rock(1996)

これはスペース・ジャムという映画のサントラ曲です。バッグス・バニーというキャラクターとマイケル・ジョーダン競演しているアニメと実写を絡めた作品なのですが残念なことにYoutubeには公式のアップがないので割愛します。

 

7. Jay-Z - Girls Girls Girls (Tom Brock)(2001)

Blueprint

東海岸の代表格であり世界で最も成功したラッパーで、奥さんはあのビヨンセです。音楽以外に多くの実業で成功したジェイZですが、若かりし頃は違法なドラッグ・ディーラーをやっていたなどサグ(thug 悪人 犯罪者)な一面もあります。

Jay-Z - Girls Girls Girls - YouTube

 

8. A Tribe Called Quest - Electric Relaxation(1993)

MIDNIGHT MARAUDERS

ア・トライブ・コールド・クエストはネイティブ・タン(Native Tongues)と言われるギャングのような所謂いかついスタイルとは一線を画す知的なヒップホップを展開したグループです。サンプリングネタをジャズから引っ張ってくるなどかなりジャズイディオムが感じられる曲があります。

A Tribe Called Quest - Electric Relaxation - YouTube

 

9. Wu-Tang Clan - C.R.E.A.M(1993)

Enter Wu-Tang

ウータン・クランはニューヨーク出身の大所帯ヒップホップグループです。個々のソロ活動期間はグループが機能していませんでしたが、グループとしての存在が無くなる事はなく1992年より今まで長きに渡り活動を続けています。

Wu-Tang Clan - C.R.E.A.M. - YouTube

 

10. Mobb Deep - Give Up The Goods(1995)

The Infamous

ニューヨーク出身のモブ・ディープは男性2人Havoc(ハヴォック)とProdigy(プロディジー)のヒップホップデュオです。この曲よりもShook Ones Part IIという曲が一番知名度が高いはずです。Shook Ones Part IIはエミネムの自伝映画「8マイル」の中でMCバトルで使用されている曲です。

Mobb Deep - Give Up The Goods (Just Step) - YouTube

 

11. Kanye West - Flashing Lights(2007)

Graduation

カニエ・ウェストはイリノイ州シカゴ出身のプロデューサーにして自らパフォーマンスを行うミュージシャン。グラミー賞ノミネート常連で数多くの受賞にも輝いています。常にヒップホップというスタイルを前に押し進める姿勢が多くの方面から天才と称される理由なのかもしれません。 

Kanye West - Flashing Lights ft. Dwele - YouTube

 

12. 50Cent - In Da Club(2003)
13. 50Cent - Outta Control /feat. Mobb Deep(2005)

Get Rich Or Die Tryin

フィフティーセントはニューヨーク出身のラッパーで音楽ではソロやユニットで活動している他、実業家としての顔も併せ持っています。彼も幼少期からドラッグディーラーとして名を馳せ、実際銃撃を受けたこともあり、自伝映画ゲット・リッチ・オア・ダイ・トラインの元となっています。

50 Cent - In Da Club (Int'l Version) - YouTube

50 Cent - Outta Control ft. Mobb Deep - YouTube

 

14. Jay-Z - Lost One(2006)
15. Jay-Z - Roc Boys(2007)

Kingdom Come (Bonus CD)

American Gangster

解説は7を参照して下さい。

JAY-Z - Lost One ft. Chrisette Michele - YouTube

JAY-Z - Roc Boys (And The Winner Is)... - YouTube

 

16. Beastie Boys - Sure Shot(1994)

Ill Communication

白人のヒップホップグループとしては草分け的な存在であるビースティ・ボーイズですが、当初はハードコアバンド(パンクロックの過激なヤツ)でした。ヒップホップ系レーベルのデフ・ジャムとの契約を皮切りにヒップホップへとスタイルを転進。ヒップホップ×ロックというスタイルを確立させ、多くの後続の指標となりました。

Beastie Boys - Sure Shot - YouTube

 

17. Nas - Nas is Like(1999)

I Am...

ジェイZと同じく東海岸を代表するリリックマスター。ご他聞に漏れず彼も中学中退後ドラッグディーラーを生業としていました。シリアスなリリック(歌詞)を身上としており、ファーストアルバムのイルマティックは高い評価を受けている作品でヒップホップクラッシクとして紹介されることが多くみられます。イルマティックはILL(病的)+Dramatic(劇的)を掛け合わせた造語で「すっげーヤバイ」という意味で浸透しています。

Nas - Nas Is Like - YouTube

 

丁度最近(15/6/2)発売されたイルマティックのドキュメンタリー映像です。 今回ヒップホップ記事を書くならアイキャッチ画像はこれだ!と考えていました。

Nas/タイム・イズ・イルマティック [DVD]

Nas/タイム・イズ・イルマティック [DVD]

 

この予告編です。

www.youtube.com 

 

18. Dr. Dre - Still D.R.E.(1999)

2001

ドクター・ドレはカルフォルニア州出身のプロデューサー、ラッパーでキャリア当初はN.W.A.というギャングスタスタイルを世に広めたヒップホップグループの一員でした。自信のソロでのアルバム売り上げも累計で1000万枚以上と物凄いのですが、それよりも評価が高いのはエミネムや50Centを見出し、世界レベルに引き上げたそのプロデュース手腕です。

Dr. Dre - Still D.R.E. ft. Snoop Dogg - YouTube

 

19. Xzibit - Alcoholic(2000)

RESTLESS

イグジビットはエミネムと同じミシガン州デトロイト出身のラッパー。最近見なくなったと思ったら、Pimp My Rideというもうボロボロな車を見違えるようにレストアする番組を降板させられて破産申請していたようです。公式動画はありませんので割愛します。

 

20. Missy Elliott - Get Your Freak On(2001)

ミスE...ソー・アディクティヴ

ミッシー・エリオットはヴァージニア州出身の女性ラッパー。女性は歌とラップを併用しているスタイルが多くみられますが、ミッシーはリル・キムなどと同じくゴリゴリのラッパーです。このGet Your Freak Onという曲はイントロに日本語で「これからみんなでメチャクチャ踊って騒ごう騒ごう」と入っています。

Missy Elliott - Get Ur Freak On [OFFICIAL VIDEO] - YouTube

 

21. Dr. Dre - What’s the Difference feat. Eminem(1999)

解説は18を参照下さい。

公式はありませんがiTunesにはありましたので参考までに。

What's the Difference

What's the Difference

  • ドクター・ドレー
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

22. M.O.P. - Cold As Ice(2000)
23. M.O.P. - Ante Up(2000)

WARRIORZ

エムオーピーはニューヨーク出身のLil' Fame(リル・フェイム)とBilly Danzenie(ビリー・ダンジニー)二人のデュオグループです。かなり荒々しいハードコアスタイルのヒップホップを得意としているので雄叫び系のアツイ男が好きという方向けです。

Cold As Iceは公式がありませんので割愛します。

M.O.P. - Ante Up (Uncut) - YouTube

 

24. Pharoahe Monch - Simon Says(1999)

Internal Affairs

ファロア・モンチはニューヨーク州出身のラッパー。活動初期はオーガナイズド・コンフュージョンというディオで活動しグループが解散するとソロ活動へ移行。この曲はソロ活動期にヒットした作品であのゴジラのテーマの一部をサンプリングネタとして使用しています。

Pharoahe Monch - Simon Says Live at The Tabernacle for Funk Jazz Kafe' - YouTube

 

25. Beyoncé - Crazy In Love(2003)

Dangerously in Love

ビヨンセはシンガーで女優でもあり前述のジェイZが夫で、数々の記録を塗り替えてきているスーパースターです。女性ピン芸人の渡辺直美さんのモノマネの影響で特に説明する必要がないくらい日本でも知名度が高いこの曲ですが、始めに紹介しているオーケストラの演奏でも6:25あたりで歓声が沸き起こります。

Beyoncé - Crazy In Love ft. JAY Z - YouTube

 

26. Snoop Dogg - Drop It Like Its Hot feat. Pharell(2003)

R&G - Rhythm and Gangsta: The Masterpiece

スヌープ・ドッグはカルフォルニア州出身のラッパーで西海岸Gファンクの代表各です。213というヒップホップグループから音楽キャリアをスタートしています。(個人的にはこのグループに所属していたウォーレン・GのGファンクスタイルが好みでした。AORやメロウファンクの元ネタが多いので・・・)スヌープはこのDrop It Like Its Hotでビルボード1位を獲得しています。

Drop It Like It's Hot by Snoop Dogg ft. Pharrell | Interscope - YouTube

 

最近読んだ記事でスヌープ・ドッグ × ファレル・ウィリアムズ × スティービー・ワンダーという豪華布陣の新曲を紹介されていましたので気になる方はどうぞ。

music-blog.hatenablog.com

 

27. Sisqo - Thong Song(1999)

Unleash the Dragon

シスコはメリーランド州ボルチモア出身のシンガーで、キャリアは地元の仲間と結成したドゥルーヒル(Dru Hill)というヴォーカルグループが始まりでした。このThong Songはビルボードで3位を記録したヒットで「トーン ト トン トン トーン」というフレーズが印象的なメロウでキャッチーな曲です。

Sisqo - Thong Song - YouTube

 

28. Nicky Minaj - Anaconda(2014)

ザ・ピンクプリント

ニッキー・ミナージュはニューヨーク州出身ですが生まれはトリニダード・トバゴでリル・ウェイン(南部出身のラッパー)の後押しにより一躍時の人となった今一番ホットな女性ラッパーです。

上にも出てきたカニエ・ウェストのコメントです。

「ニッキーは歴史に残るアーティストになる可能性が高い。正直オレはイマ彼女が一番怖いと思う。」、「彼女は史上で2番目のラッパー(エミネムの次)になる可能性がある」

Nicki Minaj - Anaconda - YouTube

 

29. Wu-Tang Clan - Gravel Pit(2000)

W

解説は9を参照して下さい。

Wu-Tang Clan - Gravel Pit - YouTube

 

30. Baauer - Harlem Shake(2012)

Harlem Shake

バウアーはニューヨーク出身のDJ。このハーレムシェイクは記憶している人もいらっしゃると思いますが、2013年に発生したこの曲に併せて踊りその動画を投稿するというインターネット・ミームの先駆けとなった曲です。

BAAUER- HARLEM SHAKE [Official music video clip] - YouTube

 

31. JIMEK x Pezet - Nie Muszę Wracać(2012)

最後はオーケストラの指揮者JIMEKとポーランドのラッパーパヴェル(読みはたぶん)のコラボ作品です。これに関してはまったく知らなので詳細の記述はやめておきます。

Pezet x JIMEK "Nie Muszę Wracać" - YouTube

 

所感

あらかた網羅出来ているような選曲でしたが、欲を言うともう少しオールドスクール(古いタイプのヒップホップ)やオーガニック系(ルーツやブラックアイドピーズ)や南部のバウンス系やチカーノ(メキシコ系)その他メジャーなフージーズ、ビギー、エミネム、ネリー、フロー・ライダーなどが入っていて欲しかったというのが感想です。

僕はループ音源やバックトラックの製作に関わっていたとこがあったので、どーしても音(トラック)の方に関心がいってしまうタイプです。

なのでヒップホップを聞かないまでも普通にメロウだったりインパクトのある楽しめそうな曲は?となるとオススメは4、7、11、12、15、18、20、24、25、27といったところでしょうか。是非オーケストラと聴き比べてみて下さい。